現存する日本最古のジャズ喫茶 「ちぐさ」 で 村上春樹night

現存する日本最古のジャズ喫茶 「ちぐさ」 で 村上春樹night
「さよならバードランド―あるジャズ・ミュージシャンの回想 」を聴く
ビル クロウ (著),‎ 村上 春樹 (翻訳)  新潮文庫刊

 

■概要
1950年代のモダンジャズ黄金期に活躍をしたジャズベーシスト・ビル クロウの自伝的交遊録を、ジャズ愛好家である小説家村上春樹(元ジャズ喫茶のマスター)が独特な優しい語り口で翻訳をした一冊「さよならバードランド―あるジャズ・ミュージシャンの回想 」。本著に登場する魅力的なミュージシャン達のレコードを、現存する日本最古のジャズ喫茶「ちぐさ」で良い音で聴くという単純明快な企画です。

著者のビル クロウは、ジェリーマリガン、スタンゲッツ、マリアンマクパートランドなどモダンジャズのバンドで活躍をしたベーシストですが、一世代前のスウィングジャズのミュージシャンとも交友があり、本著では一世代前のミュージシャン達とのエピソードが滋味深く印象的に語られています。
本企画では、1950年代のモダンジャズを中心に、1930、40年代のスウィングジャズから1970年代までの音楽を、本著の章に沿って3回に分けて紹介をします。

■日時
第1回 2018/3/12 mon 19:00-21:00(18:30開場)
レスターヤング、アイヴィーアンダーソン、ファッツナヴァロ、アートテイタム 等
「さよならバードランド」での章 1章~15章

第2回 2018/3/26 mon 19:00-21:00(18:30開場)
チャーリーパーカー、スタンゲッツ、カウントベイシー、ヴィックディッケンソン 等
「さよならバードランド」での章 16章~30章

第3回 2018/4/9 mon 19:00-21:00(18:30開場)
セロニアスモンク、ピーウィーラッセル、ジェリーマリガン、ズートシムズ 等
「さよならバードランド」での章 31章~46章
司会 片桐拓弥(アトリエ吉田町)
■料金
ミュージックチャージ:300円 + ワンドリンク:700円
(※参加される場合、要予約。予約申込先・お問い合わせを参照。)

■開催場所
ジャズ喫茶ちぐさ
〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町2-94
JR桜木町駅徒歩8分 京急日の出町駅徒歩8分

c_mapsmb

■予約申込先・お問い合わせ

TEL 045-252-7240 アトリエ吉田町

Mail takuya-katagiri@jms80.com (アトリエ吉田町 片桐拓弥)

 

■主催

ジャズ喫茶ちぐさ アトリエ吉田町

chigusalogo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る