多色刷り版画

ƒ^ƒCƒgƒ‹

今日は1版で出来る多色刷り版画をご紹介致します。

一枚の銅版に異なる色を詰めていくやり方は様々ですが、今回は「ヘイター法」と言うやり方で作品を制作してみました。

先ず、ヘイター法の鍵となる凹凸を作っていきます。

防蝕用のニスを作品の中の対象物に塗っていきます。防蝕のニスが完全に乾いたら4~5時間腐蝕します。

そして出来上がった版がこちら↓

IMG_3910

この作品では鳥と船、太陽、地面にニスを塗りました。

傾けてみると版に凹凸があるのが分かります。

IMG_3911

先ず始めに、基本となる黒いインクを詰め通常と同じ様に拭き取っていきます。

IMG_3912

線となった所や段差が出来た縁に黒いインクがあるのが分かります。

次に、油を加え通常より柔らかくしたインクを硬いローラーを使用し軽く伸ばし凸面に色を置いていきます。

この場合は黄色と緑のインクですね。

IMG_3913IMG_3915

途中インクがはみ出したりするのでその都度その都度綿棒等を使い丁寧に拭き取ります。

そして最後に通常の硬さのインクを柔らかいローラーを使用し、ゆっくりと力を入れながら転がしていきます。

IMG_3916

この場合は青いインクを使用しました。

インクが乗った後多少の調整を加えて全ての色を版に詰め終わりました。

刷ってみると・・・

IMG_3917

綺麗なカラーの版画の出来上がりです。

今回は、油分の多いインクは油分の少ないインクを弾くという特徴を活かして詰め分けを行いました。

またそれを進め易くする為凹凸のある版を使用しました。

もちろん白黒が魅力的な銅版画ですが、今回の様なカラーの銅版画も如何でしょうか。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
吉田町画廊・銅版画教室は初心者の方も大歓迎です!
趣味として家に飾る銅版画作品を制作されている方も多くいますし、
年賀ハガキに刷って送るなど、色々な楽しみ方ができます。
ご興味がありましたらお気軽に教室見学にいらしてください。
銅版画教室のページもご覧下さい。
無料体験の申込みも受け付けております。

【時間】
【日中コース】
毎月第1・第3 水曜日:10:00~13:00
毎月第2・第4 火曜日:13:00~16:00
毎月第2・第4 土曜日:13:00~16:00

【夜間コース】
毎月第2・第4 火曜日:18:30~21:30

【料金】
月2回 6,000円(口座引き落とし)

お申込みは
TEL:045-252-7240(不定休 11:00~18:00 吉田町画廊)
E-mail:k-miura@yoshidamachi.net
またはお問合せフォームからお問合せください。

吉田町画廊・銅版画工房
横浜市中区吉田町5-14 JR関内駅から徒歩8分 吉田町画廊2F
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る