2014年9月15日~9月21日の展示

9月15日~9月21日は画廊内の掃除のため休廊です
次の展示は9月22日~9月28日の「土居慶司 磁器写真展 - Porcelain Photograph Exhibition -」です。
ぜひ吉田町画廊まで足をお運びください。

 

土居慶司

千葉県生まれ。1990年代半ばより、主に8×10ネガテイヴからのモノクローム銀塩プリント作品の発表を開始。2012年には、写真古典技法のひとつであるカーボン・トランスファー・プリントによる作品を発表、2014年には、さらに、写真と陶芸を組み合わせた、オリジナルな磁器写真作品を発表。

磁器写真とは:

磁器写真とは、西洋の写真古典技法と、東洋の伝統的陶芸を融合した、新たなる写真の表現方法である。まず、19世紀半ば、フランスで発明されたカーボン・トランスファー・プリント技法を用いて、フィルム、または、デイジタルネガテイヴ上の画像を、白色の磁器プレート表面に転写する。そして、この画像が転写された磁器プレートは、焼成される。

カーボン・トランスファー・プリントの最も顕著な特徴は、転写された画像が、三次元の立体レリーフ構造を提示することであり、焼成後においても、磁器面には、形成されたレリーフ構造が残る。画像を形成する素材には、日本の陶芸用の上絵具が用いられており、焼成することで、17世紀に生産された伊万里など、伝統的な絵付け磁器と同様、磁器表面のガラス質に封じ込められる。従って、形成された画像は、数百年以上、劣化することなく存続するものと推定される。

主な展示会:

1996 センター・フォー・フォトグラフィック・アート、カーメル、カリフォルニア、米国
1997 パロアルト・カルチャル・センター、パロアルト、カリフォルニア、米国
1998 カルーメット、サンフランシスコ、カリフォルニア、米国
1998 アンセル・アダムス・ギャラリー、スパニッシュベイ、カリフォルニア、米国
2000 カリフォルニア州政府、東京
2002 国際文化会館、東京
2002 ヴォーパルギャラリー、サンフランシスコ、カリフォルニア、米国
2003 麹町フォトギャラリー、東京
2008-2014 吉田町画廊、横浜
2009 ギャラリーフォトス、東京
2011 ランデスギャラリー、ブーゲンランド、オーストリア
2011 寧波市立美術館、寧波、中国
2012 伊豆高原ミュージアム、伊豆高原
2012-2014 ギャラリーカスガ、伊豆高原

Keiji Doi

Keiji Doi was born in Chiba, Japan. Around mid-1990s, he started to exhibit his works which were mainly monochrome gelatin silver prints from his 8×10 negatives. In 2012, he introduced his prints using one of alternative photographic processes: Carbon-Transfer-Print. In 2014, he introduced originally made Porcelain-Photograph prints where ceramic art was merged into photography.

About the Porcelain-Photograph:

The Porcelain-Photograph is a newly developed method of expression in photography where a Western alternative photographic process and Oriental traditional ceramic art have been fused. First, by using Carbon-Transfer-Print technique, which was invented in the mid 19th century in France, an image on a film or a digital negative is exposed, developed and transferred to surface of a white porcelain plate. Second, the transferred image on the porcelain plate is fired.

One of the most prominent characteristics of the Carbon-Transfer-Print is demonstrating three dimensional relief structure in images, and even after the firing this relief structure remains. The material forming images is a Japanese ceramic art paint named Uwa-Enogu or overglaze paint which is encapsulated within the glazed surface of the porcelain plate by firing, as same as Imari, a traditional porcelain produced in the 17th century. Thus, formed images are to be expected to survive for several hundred years without deterioration,

Major Exhibitions:

1996 Center for Photographic Art, Carmel, California, USA
1997 Palo Alto Cultural Center, Palo Alto, California, USA
1998 Calumet, San Francisco, California, USA
1998 Ansel Adams Gallery, Spanish Bay, California, USA
2000 California State Government, Tokyo, Japan
2002 International House of Japan, Tokyo, Japan
2002 Vorpal Gallery, San Francisco, California, USA
2003 Kojimachi Photo Gallery, Tokyo, Japan
2008-2014 Yoshidamachi Gallery, Yokohama, Japan
2009 Gallery Fotos, Tokyo, Japan
2011 Burgenländische Landesgalerie Eisenstadt, Eisenstadt, Austria
2011 Ningbo Museum of Art, Ningbo, China
2012 Izukogen Museum, Izukogen, Japan
2012-2014 Gallery Kasuga, Izukogen, Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る