2013年7月20日開催のイベント

「第2回 吉田町毎週アートフェスティバルスペシャル」

吉田町毎週アートフェスティバルスペシャルをまた開催します!日時は7月20日の土曜日13:00~17:00!場所は伊勢佐木町入口横の裏路地一帯です!
出展作家は前回に引き続いて20組程度です!7月20日は吉田町毎週アートフェスティバルスペシャルへ是非お越しください!

———————— ↓ イベントの様子 ↓ ————————

7月20日に「第2回 吉田町毎週アートフェスティバルスペシャル」が終了致しました。開催時の様子を写真とともにご紹介致します。






↑↑↑↑前回に引続き、今回の吉田町毎週アートフェスティバルスペシャルも約20組の作家さんがご参加してくださいました。絵、ポストカード、小物、染物、カバンなどなど各参加者オリジナルの作品が夏の空の下に鮮やかに並びました。



↑↑↑↑日本画のワークショップは前回に引続き、今回も大盛況でした。メディウムと顔料を用いて描くのは初めてだという人が大半だったのですが、参加者が途絶えることなく、子どもから大人まで多くの方に日本画ワークショップを楽しんで頂けました。
絵皿に取った顔料(色の粉のこと)とメディウム(糊代わりの液体)を指で混ぜ合わせ、 自分で「絵具」をつくる日本画の技法を体験して頂きました。 和紙のハガキに下絵を何種類か印刷したものに色を塗って頂いたのですが、 絵柄は同じでも、色使いは本当に人それぞれ。例えば同じヒマワリでも、真夏だったり、雨が降っていたり。 世界に一つだけのポストカードをお持ち帰り頂きました。
次回8月17日には、うちわに描くバージョンも実施予定です。ぜひご参加ください。




今回初の銅板画ワークショップ。小さいプレス機を持ち出してお客さんがどれだけ来るか心配しながらイベントに臨みましたが、そんな心配も杞憂に終わり、日本画ワークショップに負けないくらいの盛況ぶりでした。この日のワークショップでは銅板を用いず透明なアクリル板を使ったので正確には銅版画ではなかったのですが、かえって透明なアクリル板で実施したことが功を奏したようでした。特に初心者にとっては透明なアクリル板を使用して下書きを描きながら彫るのがやりやすかったようです。皆さんニードルで彫る作業に夢中で楽しそうでした。刷り上った作品を見て喜んでいた様子も印象的でした。

次は8月20日に「第3回 吉田町毎週アートフェスティバルスペシャル」を致します。吉田町毎週アートフェスティバルスペシャルはまだまだ発展途上ですが、小規模ながらも楽しいイベントですので、みなさま是非お越しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る